株式会社紀伊長島

メバチマグロのネギトロはお取り寄せがおすすめ!アレンジレシピをご紹介!

メバチマグロのネギトロをお取り寄せ!おすすめのアレンジレシピを伝授!

夕食にネギトロ丼が出てきたら、家族みんな大喜びではないでしょうか。マグロにはいくつかの種類がありますが、メバチマグロはおいしくてお手頃価格であることもあり、普段の食事におすすめです。冷凍できますので、お取り寄せをしてストックしてみてはいかがでしょうか。

こちらでは、メバチマグロのネギトロの魅力を知っていただくための、マグロの知識をご紹介します。また、通販でおいしいネギトロを買うためのポイントについても併せて解説します。

天然メバチマグロのネギトロの魅力

マグロにはいくつかの種類がありますが、こちらでご紹介するのはメバチマグロのネギトロです。魚好きが多い日本人のなかでも特に人気の高いマグロの魅力を知っていただくため、メバチマグロをはじめとしたマグロの種類や生態について解説します。ほかの魚と比較したカロリーや、天然と養殖の違いについてもお伝えしますので、日々の食卓や健康にもお役立てください。

マグロについて知る

天然メバチマグロの切り身

お寿司やスーパーのお刺身では「マグロ」とだけ表記されていることが多いですが、実はマグロには複数の種類があります。高級とされている「クロマグロ」や「ミナミマグロ」、比較的リーズナブルで日常的に食されている「ビンチョウマグロ」、「キハダマグロ」、そして今回ご紹介したい「メバチマグロ」です。

クロマグロは本マグロとも呼ばれており、マグロの王様とされています。やや風味にクセはありますが、脂が多く乗っており、味とその価格などから「黒いダイヤ」ともいわれるほどです。

ミナミマグロは、南半球に生息していることからその名で呼ばれます。日本でも、遠洋漁業で漁獲したミナミマグロが水揚げされます。口の中でたっぷりの脂が溶け出す食感です。

キハダマグロは日本でも水揚げされますが、海外からも多く輸入しているため年中流通しています。脂が少なくあっさりとしており、主に缶詰に使われます。

ビンチョウマグロはリーズナブルで、回転寿司で人気の寿司ネタです。身が柔らかくてあっさりめの味わいとなっており、脂が多いビンチョウマグロは「ビントロ」と呼ばれます。

メバチマグロは特に関東地方で流通が多く、関東でマグロといったら多くがメバチマグロを指します。流通が多いのに加えて脂の乗りがクロマグロ・ミナミマグロよりもあっさりめであるため、マグロの格付けとしては3番目といったところでしょう。メバチマグロという名前は、目がぱっちりとしていることが由来です。日本での旬の時期は10~12月頃ではありますが、世界に広く生息していることから旬の時期以外も盛んに輸入されており、一年を通して食べることができます。

おいしいと選ばれるには理由があります

メバチマグロのネギトロ

前述の通り、マグロの中でも最高級とされているのがクロマグロこと本マグロです。メバチマグロはそれよりもお手頃価格で日常的なマグロではありますが、本マグロのような風味のクセがなく、あっさりとしていながらもトロの部分にはしっかりと脂が乗っているため、食べやすいのが特徴です。特に赤身の部分は、あっさりとした部分と少なめの脂のバランスのよさが人気の理由です。本マグロよりもメバチマグロのほうが好きだというファンも多くいます。

また、マグロには野生で育った天然マグロと人の手で育てられた養殖マグロがあります。養殖のマグロはどうしても運動量が少ないため、脂の部分が多くなるのが特徴です。他方、天然のマグロは大海を泳いで充分に運動しているため、身が引き締まっている傾向にあります。好みもありますのでどちらがよいということはありませんが、赤身のファンやほどよい脂のバランスを楽しみたい方には、天然のマグロをおすすめします。なお、メバチマグロは養殖の研究が本マグロほど進んでいないため、手に入るものはすべて天然です。

また、健康意識の高い方はカロリーも気になるでしょう。脂の多いほうが、当然カロリーも高めです。本マグロとメバチマグロの、赤身のカロリーを比較すると下記のようになります。

  • 本マグロ赤身……約125kcal
  • メバチマグロ赤身……約108kcal

同じ赤身の比較でも、カロリーには差があります。日常的に、健康を意識してマグロを食べるのであればメバチマグロがおすすめです。本マグロは、お祝いやおもてなしでここぞというときに召し上がるのはいかがでしょうか。

天然のみが流通しているメバチマグロの味の違いは、水揚げされた地域や時期、加工方法、そして買い付けをするバイヤーの目利きにかかっています。おいしいメバチマグロのネギトロをお求めでしたらぜひ、魚の扱いに慣れている信頼できる業者からお取り寄せをするのがよいでしょう。

紀伊長島は、扱う魚を絞り込んでおり専門性の高さに自信があります。メバチマグロのネギトロをお取り寄せするお店でお悩みでしたら、ぜひ紀伊長島をお選びください。

メバチマグロのネギトロを取り寄せでお探しの方へ

品質の良いメバチマグロのネギトロは、ご家族みんなで楽しみたいところです。よりおいしさを堪能するために、通販でマグロを買う際に押さえておきたいポイントを知っておきましょう。また、おいしくいただくためにはコツがあります。

こちらでは、通販でマグロを買うためのポイントや、おいしく食べるための解凍方法などのコツをご紹介します。

通販でマグロを買うためのポイント

メバチマグロのネギトロ丼

メバチマグロのネギトロを通販でお取り寄せする際は、ほとんどが冷凍で届きます。このとき、味の決め手となるのは、下処理を素早く行ったうえで急速冷凍をしているかどうかです。水揚げされたメバチマグロを船上で血抜きし、マイナス60℃にもなる一般家庭とは全く性能が違う冷凍庫で急速冷凍して鮮度を保ったものが、おいしいネギトロになるのです。

メバチマグロのネギトロを購入するなら、お近くでの購入よりもお取り寄せをおすすめします。理由の一つとして、通販のほうが鮮度の高いネギトロを入手できる可能性が高いことが挙げられます。一般的なお店のネギトロは、冷凍していたものを解凍したものが多いのです。解凍してから時間が経ったものよりも、食べる直前に自分で解凍を行ったほうがおいしいネギトロが食べられます。

また、小売店を挟まず加工を行う業者から送ってもらうほうが、短い流通経路で手元に届くので当然鮮度も高いものになります。一般的なお店ですと、どの魚が新鮮なのかをご自身で選ぶ必要がありますが、通販なら魚のプロが目利きし、前述の処理で急速冷凍を正しく行っているおいしいネギトロを届けてもらうことが可能です。もちろん、お近くのお店に足を運んで買い物をし、家まで荷物を運ばなくても済むので楽だというのもメリットとして挙げられます。お近くのお店でも、家に持ち帰るまでの温度変化もやはり気になるものです。

このように、実は自ら手間をかけてお店に足を運ぶよりも、通販を申し込んで家で待っているほうが新鮮なメバチマグロのネギトロをお取り寄せできる可能性が高いのです。ぜひ一度、お取り寄せのメバチマグロのネギトロを味わってみてください。

おいしく食べるためには?

卵が乗ったメバチマグロのネギトロ丼

お取り寄せで届いたメバチマグロのネギトロをよりおいしく食べるには、自宅での解凍を正しい方法で行うことが非常に重要です。

冷凍のネギトロを解凍する際は、冷蔵庫に移して、そのまま半日以上置いておくことでゆっくりと解凍します。冷蔵庫の温度があまりにも低過ぎると、逆にネギトロの色を悪くするなどの影響が出てしまいかねません。解凍する際は、冷蔵庫が4℃以下にならないように設定してください。4℃以上、10℃以下に設定するのがおすすめです。なるべく早く解凍したい際は、流水解凍をすることもできます。

解凍したネギトロはできるだけ早くお召し上がりいただきたいですが、鮮度が管理された業者からお取り寄せしたものであれば解凍した日を含めて3日ほど冷蔵庫で保存することができます。

ネギトロを解凍したら、まずはお刺身や丼などでシンプルに食べてみてください。充分にそのままのネギトロを堪能したら、アレンジしても楽しく食べられます。下記に、おすすめアレンジレシピをご紹介します。

ネギトロハンバーグ

ネギトロに刻んだネギ、生姜、つなぎのパン粉を混ぜて、塩コショウで味をととのえます。よくこねて形をととのえたらフライパンで両面を焼き、フタをして蒸し焼きにしてしっかり火を通します。みりん、醤油、砂糖、酒をさっと煮立ててタレをつくり、ハンバーグにかけて完成です。

ネギトロユッケ

醤油、すりおろしにんにく、ごま油、コチュジャンをボウルに入れて混ぜ、ネギトロを入れてよく合わせます。お皿に味付けしたネギトロを盛り付けたら、卵黄や白ごまをトッピングしてください。ごはんの上に盛り付ければ丼でもおいしくいただけます。

メバチマグロのネギトロは信頼の業者からお取り寄せして楽しもう!

せっかくメバチマグロのネギトロをお取り寄せするなら、信頼できる業者を利用したいものです。

メバチマグロのネギトロなら、紀伊長島よりお取り寄せください。紀伊長島は、漁業が盛んな町です。漁業の歴史も深い紀伊長島から、新鮮なメバチマグロのネギトロをお届けします。どうぞご利用ください。

天然メバチマグロを使用したネギトロの取り寄せなら紀伊長島

会社名 株式会社紀伊長島
代表責任者 長井 優幸(ナガイマサユキ)
住所 〒519-3205 三重県北牟婁郡紀北町長島2064−2
TEL 0597-47-1108 ※お客様専用番号になりますので営業のお電話はご遠慮ください
メールアドレス info@kiinagashima.co.jp
URL https://kiinagashima.co.jp
電話受付時間 9:00 ~ 16:00
営業時間 9:00 ~ 16:00
定休日 土・日・祝日

特集

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。