株式会社紀伊長島

クエ鍋は絶品のおいしさ!なぜこんなにおいしいの?おすすめの食べ方は?

クエの鍋が絶品といわれる理由やおいしい食べ方は?

高級魚のクエは一度食べたらやみつきになるといわれるほどおいしく、特にクエの鍋は冬のうちにぜひ食べておきたい高級鍋料理です。ややハードルの高いイメージから専門的なお店でしか食べられないと思ってしまいがちですが、実はクエ鍋のセットをお取り寄せして自宅で楽しむこともできるのです。

こちらでは、クエのおいしさの秘密を知っていただくため、クエという魚について徹底解説し、自宅でのおいしい食べ方も伝授します。

クエの鍋セットをお探しの方へ

おいしいクエは、やっぱり出汁も身も味わい尽くせる鍋でいただきたいところです。お取り寄せでは、身やアラなどがセットになっていて、調理がカンタンにできるクエ鍋セットが販売されています。クエ鍋セットを購入する前に、まずはクエがどのような魚なのか知っておきましょう。また、なぜクエが高級魚といわれているのかその理由についても解説します。

そもそもどんな魚なの?

氷で冷やされたクエ

高級で味がよい魚ということでよく知られているクエですが、その生態についてはあまりご存じでないかもしれません。

クエは、スズキ目ハタ科に属する海水魚です。クエ鍋のイメージが強いことから旬が冬であると思われがちですが、実は一年を通して水揚げされる魚です。ただし、その数はあまり多くはありません。

産地は主に西日本で、特に高知県や鹿児島県、長崎県などが、天然クエが水揚げされることで有名です。近年は、難しいとされてきた養殖の技術がようやく確立しつつあるため、養殖のクエも流通するようになってきました。クエの養殖は、和歌山県で盛んに行われており、新たな名産品として盛り上げられています。

クエは珊瑚や岩場の影に住み、群れではなく単独で活動します。また、夜行性のため昼間は身を潜め、夜になると活発に動き出してイカやエビなどを捕食します。水揚げされるクエのサイズは、平均約60センチです。しかし、クエは時間をかければそれよりも大きく成長することができる魚です。ときどき、1メートル以上の大きさのものが水揚げされることがあります。さらに、ごくまれに2メートル級の超巨大クエが獲れることもあるのです。

クエの特徴である体の白い模様は、大きなものになるほど見えなくなります。クエという名の由来は一生のうちに体の模様が九回変わることから「九絵」、またとてもおいしいので漁師がほかの人に「食え」と進めたことからだともいわれています。外観は、厚い下唇がしゃくれているような顔つきで、水族館の大きな水槽の中でもとりわけ存在感を放っています。

少ないながらも日本海側、太平洋側いずれも生息地があることから、釣り人のターゲットとしても人気です。1年を通して狙うことはできますが、10年狙い続けて1回釣れたらいいといわれるほどの難易度で、釣り人たちの間では幻の魚ともいわれています。

一度は食べてみたい高級魚

きれいに並べられたクエの刺身

クエが高級魚といわれている理由の一つに、漁獲量の少なさが挙げられます。一年を通して獲れる魚とされているにもかかわらず、漁獲量は非常に少ないのです。

さらに、ただでさえ獲れる数が少ないうえに、味がよいのは1メートル以上の大きさまで育ったものであるといわれています。クエは、大きく育つことはできるのですが非常に時間がかかります。1年で成長できる大きさは15センチほどで、大きさが1メートルを超えるまで成長するのに、約20年の時間が必要なのです。

養殖ではそれよりも時間短縮はできますが、それでも出荷できるサイズまで育つのに5年はかかるとされているため、養殖の技術が確立されたあとも天然ものの流通価格はほとんど下がることがなく、引き続きクエそのものが希少価値の高い魚として取り引きされています。

前述したように、クエは群れを作らず単独で行動します。そのため、群れを狙って一度にたくさん獲ることができずほとんどが一本釣りです。このような理由から、クエはなかなか気軽な夕食で食卓にあげることができない高級魚となっています。

天然クエの流通価格は、1キロで約1万円です。養殖のものはその半分、1キロあたり約5千円ですが、それでも日頃気軽に購入できるような価格ではありませんし、そもそもお近くのお店ではなかなか手に入らないはずです。ある程度の大きさがある天然のクエは、その多くが高級な料理店で取り引きされるため、小売店の店頭に並ぶことはほとんどないのです。日本のみならず海外でも、高級な魚として格式高いレストランでクエ料理が提供されています。

市場関係のプロがクエの説明をするときに使う言葉が「フグの身に本鮪の大トロの脂を入れた様なもんだ!」と説明します。これだけでもお分かりいただけると思います。

クエ鍋の取り寄せをお探しの方へ

クエを使った料理の代表が、クエ鍋です。クエをおいしく食べることができるおすすめの調理方法であり、スープまで堪能し尽くせることが特徴です。もちろん、クエのおいしい食べ方は鍋だけではありません。

こちらでは、鍋をはじめとしたクエのおいしい食べ方をご紹介します。また、クエの栄養面にも注目し、身体にどのようなうれしい影響が期待できるかについても併せて解説します。

身体にもうれしいおいしい食べ方は?

クエ鍋

クエの栄養面に関する最大の特徴は、コラーゲンがたっぷり含まれているということです。美容意識が高い方が積極的に摂取するコラーゲンを、食事からしっかり摂ることができるのです。さらに、たんぱく質も豊富に含まれています。

クエは脂が乗っていて味がよいのですが、反面カロリーが高いのではないかと思われるのではないでしょうか。クエのカロリーは、100グラムあたり約110キロカロリーとなっており、マグロの赤身と同程度のため、比較的低カロリーです。クエと同じようにコラーゲンが多い食材として牛スジや鶏軟骨がありますが、これらは高カロリーとなっています。

カロリーが控え目なクエは、優秀なコラーゲン食材でありたんぱく源です。定番の鍋にすることで、同時に野菜をたっぷりと食べることもできます。クエから出た出汁の中で煮込んだ野菜も非常においしくなりますので、いつの間にかたくさんの野菜を食べることができるでしょう。

せっかく高級なクエを食べる機会に恵まれたのなら、ご年配からお子様まで家族全員でそのおいしさを共有したいところです。では、赤ちゃんにクエを与えても大丈夫なのでしょうか。

クエは白身魚なので、離乳食初期から与えることができます。くせの少ない淡泊な味で、カロリーや脂も多すぎないことから、与えやすい魚です。日常的に与えるには高級ですが、家族でクエ鍋をするときは離乳食に調理して赤ちゃんにも少量お試しになってみてはいかがでしょうか。赤ちゃんのクエデビューになりますし、家族全員で食べるとおいしさもアップします。初めての食材は、様子を見ながらごく少量にするという離乳食の基本を守ったうえで与えてください。

他の魚が食べられなくなるとまでいわれている魚

クエの切り身が入ったお茶漬け

クエは、あまりのおいしさから「ほかの魚は食えん」というダジャレや、「別の魚はもう食べることができない」「フグよりもおいしい」などといわれるほどです。しつこ過ぎない脂は甘みがあり、アラからはおいしい出汁とコラーゲンがスープに溶け出します。このため、味わい尽くすには鍋が最適とされているのです。

基本のクエ鍋は、クエのアラとお好みで昆布を煮込んで出汁をとり、野菜とクエの身を煮込んでいただきます。食後はぜひおいしい出汁を活かして雑炊にしてください。おいしさの決め手は、アラの丁寧な下処理です。魚料理の初心者には少し面倒な処理ですが、お取り寄せのクエ鍋セットならすでに処理が済んだアラが入っていることがほとんどです。

また、クエは鍋以外の料理にしてもおいしくいただけます。もっとクエの魅力を知っていただくために、鍋以外のクエのおすすめ料理方法をピックアップしてご紹介します。

クエの塩焼き

クエの切り身に塩をして、両面をしっかり焼きます。おすすめは、230℃のオーブンで10分ほど焼く方法です。お好みでレモンを搾っていただきます。

クエの唐揚げ
クエの唐揚げ

一口大にカットしたクエの身に、唐揚げの粉をまぶします。小麦粉と片栗粉をあわせたものもおすすめです。油でカラッと揚げたら、塩を振ってできあがりです。

クエの煮付け

鍋に醤油とみりんを大さじ2、砂糖と酒を大さじ1、水200CCをあわせてひと煮立ちさせます。千切り生姜と適当な大きさにカットしたクエの身を汁の中に入れて煮込みます。10分ほど煮込んだら、身を裏返してさらに数分煮込み、完成です。

どんな料理にしてもおいしいクエですが、初めて食べるときは味わい尽くせる鍋をお試しください。リピートするとき、お取り寄せした身の一部を別の料理にしてみるのもおすすめです。

お取り寄せクエ鍋セットなら面倒な処理がなく調理もカンタン!

高級魚のクエは、ただ数が少ないから価値が高まっているのではなく、味のおいしさが認められているからこそ人気が高いのです。様々な料理方法で楽しめる魚ですが、おいしい出汁、甘い脂、とろけるコラーゲンを堪能するためにまずは鍋をおすすめします。

紀伊長島のクエ鍋セットは、国産のクエの身とアラを漁師さんが好む絶妙のバランスでセットにしています。特製のポン酢もお付けしており、あとは好きな野菜を準備して完成です。高級料亭の味をお取り寄せして、ぜひご自宅で味わってください。

補足:紀伊長島のクエは国産クエを使っています。しかしクエはクエでもクエ100%の遺伝子を持った本クエです。そして抗生物質などを使わずに育て上げた本クエだけを原料として使っています。何故本クエなのか?通常、血の濃い生物は生存率が低いといわれます。魚でもその法則は免れません。利益効率を上げるためにクエとマハタを掛け合わせたものを使い、クエとして販売されているのも事実です。なぜかというと雑種は環境変化や病気などに強いからです。稚魚を育てて成魚になる確率が高いのです。その反面、本クエとなると生存率が下がります。しかし、通常のいけすの4倍の面積で海水のきれいな海域で育てるので、薬などを使わなくても生存率が高いのです。そのため、本クエのクエ鍋をこの低価格で出せることに成功しております。

クエ鍋セットのお取り寄せなら紀伊長島

会社名 株式会社紀伊長島
代表責任者 長井 優幸(ナガイマサユキ)
住所 〒519-3205 三重県北牟婁郡紀北町長島2064−2
TEL 0597-47-1108 ※お客様専用番号になりますので営業のお電話はご遠慮ください
メールアドレス info@kiinagashima.co.jp
URL https://kiinagashima.co.jp
電話受付時間 9:00 ~ 16:00
営業時間 9:00 ~ 16:00
定休日 土・日・祝日

特集

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: 投稿が見つかりません。